30代の悩み

悩みの特徴

30代は職場や家庭問題、転職など生活の変化が起きやすい年代です。

自分は思うように生きているか?社会的偏差値について悩んでいる方が多いようです。

30代悩み

自分なりの仕事スタイルを確立し始めるこの年代では、「これからどんな風に仕事と付き合っていくか」がテーマとなってきます。

職業や会社によっては、管理職になるか専門職になるかで迷っている人もいると思います。

女性であれば、30代は結婚・出産というライフイベントを迎える人が多く、仕事か結婚か、もしくは両立か、というターニングポイントに立つこともあるでしょう。

「このままでいいのか」、という漠然とした悩みが多いのがこの年代の特徴だと言えそうです。


悩みの事例


悩み改善の準備

自分が何に疲れを感じているのかを知ることから始めましょう。

疲れを引き起こすストレス因子の正体を知ったら、次に、なぜそれがストレスに感じているのかを考えてください。

この年代になると、他人と比較せずに生きていくことは難しい。

比較しているということは、社会で根を張って生きていこうとする立派な態度の表れなのですから、それ自体に後ろめたさを感じる必要はありません。自分の心の声に耳を傾けていきましょう。

自分のストレス因子を突き止めたら、その因子との関わり方を考え直してみましょう。会社に行くのが辛いのであれば、思い切って休んでしまいましょう。

仕事以外、たとえば近所付き合いや友達付き合いにおける人間関係で悩んでいる場合は、その人とは関わらないようにするのも方法の一つです。


世代に贈る名言

「一日一日を懸命に生きれば、未来が開かれていく。将来を見通すということは、今日を努力して生きることの延長線上にしかない。」

出典:京セラの創業者・稲盛和夫さんの言葉

自分の信念に実直に生きてこそ、将来が開けるとの教えです。責任が増え、視野が広がる30代からこそ、原点回帰とも言えるこの言葉が心に沁みるのはないでしょうか。

更に個別カウンセリングを希望する方は