主な年代別悩み

20代から悩みが増えていき、40代でピークとなります。特に女性のほうが悩みが多いのが特徴です。

悩み年代別


悩みの構成

悩みやストレスがある者を性別にみると、男42.4%、女50.3%で女が高くなっており、年齢階級別にみると、男女ともに「40~49歳」が最も高くなっています。

悩み年代別データ

出典:厚生労働省 平成22年 III世帯員の健康状況


悩みの事例

解決方法